II. 201Jクラスを受講して - 藤本三奈子 - 2005年5月

※今年2月に会員となられ、3月の教会便りでご紹介いたしました藤本三奈子姉は、ご主人のジェフ兄(英語部会員)、4才の信太朗くん、2歳の謙次朗くんと毎週教会に出席なさっておられますが、先月から、サンデースクールのスタッフとしてご奉仕してくださっています。(感謝!)今回は藤本姉に201クラス受講体験を綴っていただきました。 

 「霊性の成長をめざして」とクラスに名前が付けられているように(実はクラスに参加するまで知りませんでした。)私達がキリストの似姿に変えられるためには霊性の成長が不可欠であり、そのためには、毎日の生活においてどんな訓練をし、習慣を身につけていく事が必要であるかを学びました。 

 日曜日の礼拝においても、大谷牧師からクリスチャンとして成長し、キリストの似姿に変えられるには訓練が必要で、その訓練にはどのようなものがあり、どのように実行していくかをシリーズでメッセージして頂いています。この201Jを受講できたのは、まさにタイムリーであったように思います。 

 大谷牧師がクラスの初めに、「クリスチャン生活で一番大切なことは、イエス様を主と受け入れた後、献身の決心をする必要がある。そして、その後は、霊的な成長にUp&Downがあっても、常に全体として向上していることである。」とお話されました。このお話を伺って、この献身の決意をすることが成長の出発点であり、今の私に必要なことだと感じました。全てを主に委ね、古い自分を脱ぎ捨てて全てを新しくしていただく。簡単なことではありません。しかし、主に祈り、主に信頼し、主の前に献身の決意をし、そして、キリストの似姿になることを目標に信仰生活を送っていきたいと願っています。

 クラスの中でキリスト者が成長する四つの習慣の一つとして、聖書の内容をつかむということがありました。その中には通読などが含まれますが、最もチャレンジを受けたのは、神の御言葉を暗記するということです。これは、今までに何回も主に示され、覚える機会も与えられてきたのですが、実行できなかったり、いざはじめても、三日坊主で終ったりしています。今回気持ちを新たに挑戦しようという思いが与えられました。どうぞ、続けられるように、そして、必要な聖句が与えられるようにお祈りください。もし、良い方法があるとおっしゃる方がいらっしゃいましたら、是非、教えてください。 

 クラスは二時間半ぐらいでしたが、終ったとき、とても内容の濃い学びなので、もっと学びたいなぁと思いました。自分自身で復習をすることでさらに学びが深まり、再び受講する機会が与えられることを祈りたいと思います。